Previous Next
紺侘助(こんわびすけ)の特徴

関東地方で見る木は小ぶりなものが多い。侘助と名がついていますがヤブツバキ系品種です。クチクラのある緑の葉の中にぽつぽつと深紅色の小さめの花をつける。 花弁にはふはないが花弁の傷は紺色に変色する。 花弁元から締まり、花弁先は大きくは開かないが反りが強い。蕊の黄色も濃い。(写真 都立大島公園椿園)

紺侘助(こんわびすけ)について管理者コメント

小さな花を咲かせるツバキ(侘助)の代表的な種で比較的早い時期に咲くのが特徴です。 花付きはかなり疎で、花としての印象は弱いが空間にぽつと置くとその深紅色と黄色は一気に印象的。 枝―葉―花の組み合わせの対比が妙です。茶花に好んで用いられるのも対比の妙を愛でてのことでしょう。