藪椿(ヤブツバキ)の特徴
全木は大小様々だが、各地に銘木とされる大木が存在する。豊かな濃い緑の葉の中にぽつぽつと小ぶりの紅色の花をつける。 花弁にはふはなく花弁元は締まるが、花弁先は反って比較的大きく開き、侘助系に比べると華やかで蕊先黄色、蕊元白色が良く目だつ。 (写真 東京都立大島公園椿園)
藪椿(ヤブツバキ)について管理者コメント
学名がCamellia japonica(日本のツバキ)とされ文字通り日本を代表する椿の自生種です。比較的寒い時期から開花することが旧来から好まれました。また木は木炭の原木として優秀かつ果実を絞った椿油は古来から珍重されました。伊豆諸島では多く分布し特に利島では椿関連産業が基幹産業です。