Previous Next
源氏絞の特徴

クチクラのある緑の広い葉の中に大ぶりで淡白桃色で縁取られた桃色の花弁を八重に咲かせる花を多くつける。 花弁元はから開き、花弁先は反ってよく開く。ついた蕾が同じ時期に咲く傾向があり、開花期は非常に華々しい。(写真 都立大島公園椿園)

源氏絞(げんじしぼり)管理者コメント

光源氏という品種もあるが、その花に比べて花弁端が淡白桃色のグラデーションで縁取られるところを絞り染めのグラデーションに見立てたか。 葉がやや黄みががって、蕾が緑がかっているので開花直前まで全木が明るい緑でこれはこれで好ましい。