Previous Next
乙女椿の特徴

クチクラ質の淡い緑の葉の中に華美な八重咲きの桃色の花をつける。 花弁元から開き、花弁先は内側に反って大きく開く。蕊はほとんど目ただない。 江戸時代後期には栽培されていた意外と古くからある品種。(写真 都立大島公園椿園)

乙女椿(おとめつばき)管理者コメント

その淡い桃色が乙女に例えられるが、花は華美でこの乙女少々派手好きのように思える。 むしろ、ゆくゆくの華々しさを思わせる淡くもはっきりした桃色が分かる蕾の方がその名にふさわしいように思うが如何でしょう。 比較的入手しやすいので庭木、鉢植えで楽しむのに向いていそう。